マウントとられがちな画家さんへ

青春だなぁ
としみじみ思いながら思いだす

高校時代の友人の話を今日はします。

◆陰キャの青春時代◆

青春といっても陰の者である
私の青春は

暗めで彩りにも欠ける
ブルーグレーのフィルターが
目の前にかかって世界が見えているような

そんな青春時代だったと思います笑

そんな私とは対照的に

細田守のアニメ映画や
ジャンプ漫画の主人公のような

絵に描いたようなフレッシュな青春時代を
送る友人がいました。

彼も絵を描いていました。

絵に描いたような青春を送る
絵を描くような友人でした笑

彼は私とは違って
ヒジョーに優秀で

絵も勉強もぶっちぎりの実力があり
見た目も性格もイケてる
そしてもちろんモテる

“色々そろってる男”でした。

クラスの中でヒエラルキーの頂点に
君臨しているようなタイプですね笑

美術系の集団というのは
どうしても「ほとんど女子」
みたいな状態になります。

そして、その中に少数いる男子は
同じグループで行動することも
多くなるわけです。

すると、普通なら絶対に絡むことのない
人種の男とも、絡むことになるわけです笑

そんな人種のるつぼ状態の
絵画系男子グループで昼食を
とっていたある日

その“色々そろってる男”が

「全国大会!全国大会!」
言い出しました。

運動部でもないのに
「全国大会」とは一体なんのことだ?

と思い、話を聞いてみると

どうやら彼が高校で描いた絵が
県の代表になり日本全国の大会に
出展されることになったそうです。

本当にこいつは色々恵まれているなぁ
と不器用で能力の低い私は嫉妬してしまった
わけです笑

◆操作方法がわからないゲームは楽しめない◆

勉強、絵、友人関係、恋愛などなど
高校生が「取り組まされる」ゲームの
全てでハイスコアをとっている彼。

その反面、負けず嫌いのくせに
不器用で“発達の遅れていた”私は
全くゲームに勝てない。

なんならゲームの操作方法すらわからん
みたいな状態でした笑

そしてこのころから、私は
「競争」自体を嫌いになってしまった
わけですね。

そして、同時に「競争が好きな人達」
まで苦手になってしまいました。

◆強くなって戦って勝ちたい人の正体◆

実は最近、この「競争が好きな人達」
に対する苦手意識を思い出す経験が
あり

今日はこういうテーマでお話させて
いただきました。

きっと今、この文章を読んでいる
方の中にも

「競争」が嫌い
「競争が好きな人達」が苦手

という方も少なくないと思います。

そこでここからは
「競争が好きな人達」について
分析してみたいと思います。

競争が好きな人達、いわば
強くなって戦って勝ちたい人の正体

これは私の考えでは
「本当にやりたいことがない人達」

これです。

自分の心の内から湧き上がるような

「本当にこれが好きでこれがやりたい!」
という情熱がないのです。

なので基本的に

「競争して勝った時の気持ちよさ」
を得る

というモチベーションでしか
行動できないわけですね。

やる気を出すための手段として
他人と競争しているわけで

人を打ち負かす気持ちよさのために
生きているわけです。

こう考えると

内から湧き上がるモチベーションがない
かわいそうな人に見えてきますよね。

常に

自分が本当にやりたいことが
見つかっていない

“モチベーション飢餓状態”なわけですね。

おそらくこういった人達は

競争相手がいなくなると
何もやる気がなくなると思います。

◆人と比べるのが無意味なワケ◆

あなたにはあなたにしかない
価値があるんだから

人と比べなくて良いのよ

みたいなキレイゴトでは
満足できない私のような
方のために

人と比べるのが無意味なワケを
現実的な視点で語っていこう
と思います。

最近よく思うのですが
そもそも人それぞれ

能力や性格、
自由に使える時間、お金

などの条件、いわば
「手元にあるカード」が違うのに

競争するのはナンセンス
なのでは?

と思うわけです。

性格も能力も自由に使える
リソースも違うんだから、

当然とれる戦略も
違ってきますよね。

例えば

①能力もやる気もあるけど
持病があり1日1時間も絵を描けない画家

②能力もやる気もあまりないけど
自由に使える時間と体力が有り余ってる画家

おそらくこの2人が競争したら②が
勝ちます。

人それぞれ異なる“事情”があるのに
同じゲーム盤で競うのはオカシイわけですね。

こう考えるとそもそも

人と比較すること自体がナンセンスに
思えてくるわけです。

周りの人を打ち負かすために生きる
戦闘狂にはなりたくないですし

そもそも自分が楽しく生きられるかが
他人次第で決まるなんて私は嫌です笑

◆本当の勝利ってなんでしょうね◆

そうは言っても私は「勝つ」のは
嫌いではありません。むしろ好きです。

昔の自分の記録に勝つ

これができるとメチャクチャ
気分が良いのです。

自己ベストの更新には
「打ち負かすべき誰か」
は必要ありません。

真の勝利とは
「弱い自分に勝つ」ことだ

みたいな教訓は

何千年も前から世界中の様々な
物語で語られていますが

私もこれに賛成で

「自己ベスト更新」こそが
真の勝利だと思っています。

「周りとの比較」や「競争意識」
というのは

自分のなまけ癖に喝を入れ
自分を奮い立たせるために
使ったり

自己ベスト更新のために
利用、参照できる情報

くらいにとらえて
おくべきだと思います。

そうすれば戦闘狂になることなく
日々前向きに頑張れるのだと思います。

 

◆やる気と向上心あふれる画家さんへ◆

「自分史上最高の絵を
描けるようになりたい!」

「なんだかんだ言ってグループ展の
なかで誰よりも目立つスゴい絵を描けるように
なりたい」

「絵が上手くなって全国大会に行きたい」

そんな画家さんの声にお答えする
無料オンライン講座のご案内です↓

◆期間限定で無料公開中◆です!

※予告なく無料公開を終了する
場合がございます。

◆美大卒レベルの“ウマい絵”を描く方法
◆デッサン、アクリル、水彩、油絵のキソ技法
◆“売れるクオリティー”の絵の描き方

などなどを丸ごと解説した講座なので
是非登録してみてくださいね。

↓登録はこちら↓

追伸

あなたの絵が売れる
【全2回】無料オンライン講座を
お送りしております。

この記事が気に入ったら
是非登録してみてください。

↓コチラから無料で受け取れます↓

 

今回の記事が面白い!と思った方は
是非メルマガにも登録してみてください↓

↓画家向けのお得情報&描き方動画発信中!↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です