3浪して芸大落ちて良かった

21歳の頃、私は人生のドン底にいました。
今思い出してもあれほどシンドイ時期はありません。

その頃の私は美大受験予備校に通っていて
3回も浪人したのに誰よりも不器用な
クラス1の落ちこぼれで

頑張ってるつもりなのに
全く上達しない状態が続いている

何をどう頑張ったら良いかもわからない状態

そんなこんなでウツ状態になってしまい
先生にも気を遣われる

そんな

「どう話しかければいいのかわからない生徒」でした。

◆いったい俺は一年何をやっていたのか?

3回も浪人しているというのに
試験が近づく冬場になると

あーヤバいもう時間がない!
とアワアワしていましたし

そんな
試験前に毎年毎年焦ってしまう

全く進歩がない自分が
大嫌いでした。

それこそもう何を考えたくない
何もしたくない

生きていることすら
辞めてしまいたい

そんな21歳だったのです。

◆親に迷惑をかけている感覚

3浪時代の私には同じく3浪している
同級生の友人がいました。

彼は学費の高い私立美大には通えないので
倍率の高い国立の東京芸大イッポン受験で

3浪しており、美術予備校の学費を払うため
夜勤のキツイバイトをしてヘロヘロの状態で
毎日昼間の予備校に来ていました。

そんな彼とは対照的に
私はバイトをしておらず

時間にも体力にも余裕があるはずなのに
私は落ちこぼれのままでした。

結果的に私は3回も浪人した上に
学費の高い私立大学に通うことになり

「親に迷惑をかけている感覚」で
罪悪感のカタマリとして大学1年の春を
迎えることになりました。

◆画家としての自信と尊厳を取り返したい

そんなわけで私は
なんとかして

「画家として」「美術の専門家として」
結果を出し、今までの負けっぱなしの人生を
取り返したいと思い

美大生の頃は死に物狂いで
画家として生きていくための活動をしてきました。

画家としての自信と尊厳を取り返したい

その思いひとつで絵を売る活動をやっていたわけです。

◆「あの頃よりはマシ。芸大よりは簡単」

幸い多くの方の手助けもあり
私は今では画家として法人化するまでに
至りました。

原画の販売
画家のコミュニティの運営
オンライン絵画教室の運営
企業や自治体とのアートイベントの主催

などなど実に様々な絵の仕事を
手がけています。

ここまで来るのに
メチャクチャ大変な時期
不安な時期が
何度も何度も何度も何度もありました。

でもその度に思うのが

「あの頃よりはマシ。芸大よりは簡単」

これなのです。

◆誰よりも不器用だったから語れること

自信をもって1つ言えることが
あるのですが

私は美大受験予備校生時代
絵描きとしてその予備校で1番の劣等生でした。

そのおかげで今この場所に来るまでに
「絵描きが体験しうる大抵の挫折」は
乗り越えてきました。

そして、そんな誰より不器用な
元劣等生の私は

画力アップ
絵を売る
絵の先生になる
画家として生きていく

などなど
絵描きが欲するコトなら

だいたいなんでも叶えられる
自信があります。

◆あなたにもきっとできる

今これを読んでいるあなたは
おそらく私よりも
画家の才能があります。

もし今回の文章を読んで
「私にもできるかも」
「私も画家になるために頑張ってみたい」

そう思えたなら是非、
一緒に画家として
活動していきませんか?

このお話に興味のある方は是非
下のリンクから

私が運営する画家のオンラインコミュニティ
に紹介ムービーを見てみて下さい。

【画家のオンラインコミュニティ紹介ムービー】

NAC無料オンライン説明会

 

やる気のあるあなたとお会いできるのを楽しみにしております。

最後までお読みいただきありがとうございました。
それではまた~

 

追伸

あなたの絵が売れる
【全2回】無料オンライン講座を
お送りしております。

この記事が気に入ったら
是非登録してみてください。

↓コチラから無料で受け取れます↓

 

今回の記事が面白い!と思った方は
是非メルマガにも登録してみてください↓

↓画家向けのお得情報&描き方動画発信中!↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です