絵を買う人が考えてること

私は今!浮かれています。
今年で1番浮かれているかもしれません笑

浮かれ過ぎて隙だらけです笑

理由は“尊敬する人”から
絵の注文が入ったからです。

この上ない名誉と
程よい緊張感が入り混じったような
心地よい感覚を味わっております。

まさに
「お値段以上」で
「priceless」な体験です。

400年前

スペイン国王に肖像画を納めた
宮廷画家ベラスケスや

江戸幕府お墨付きの御用絵師
だった狩野派の絵師も

こんな感覚を味わっていたのかもなぁ
なんてことを考えております笑

さてさて前置きはこのくらいにして
今回は

「絵を買う人が考えてること」
というテーマで語っていこうと思います。

展覧会で絵を購入する人や
画家に絵を注文する人の脳内では

どんなことが起きているのか?

これを知っていれば
きっとあなたの絵も売れると思うので
是非最後まで読んでいってくださいね。

■頑張ってきた証、シンボル■

「絵画とは常に“象徴”なのだ。」

とラングドン教授は『ダヴィンチ・コード』
の中で語っていましたが

これはまさにその通りで

何がモチーフかわからない
抽象絵画や半立体の絵であっても

絵画は常に何かの“象徴(シンボル)”
なのです。

“象徴(シンボル)”とは
目に見えない何かを目に見える形にしたもの

と考えて良いでしょう。

黄金色に輝く優勝カップや
虹色の光を放つクリスタルガラスのトロフィー

は受け取った人が“頑張ってきた事実”

という“目に見えないもの”を
目に見える形で表現したものですが

絵画にもこういった側面があるわけですね。

頑張ってきた証、シンボルとして
絵画を買う

絵を買うお客様を観察していて
最も多い購入理由はこれなのです。

販売を前提にした絵画を描く場合
このような

「誰かの人生を肯定し、
賛辞を送るような」

そんな雰囲気の絵を描けると良いですね。

■これからも頑張るぞ!■

実際に一点物の絵画を購入し
部屋に飾ったことのある方は
わかると思いますが

優れた絵画は、他のインテリアの
追随を許さない

「圧倒的な存在感」
「圧倒的なエネルギー」
があります。

その絵を見ただけで

瞬間的にエネルギーをもらえて
「これからも頑張るぞ!」

と思えるような絵は
見る人に力を与えるわけですね。

■「よく観察して描く」べし■

さてさて、ここからは「注文制作」
の時、どのようなポイントに注意して
描けば良いか?

について解説していきます。

我々が耳にタコができるほど聞いてきた
「モチーフをよく観察して描け」

という教えが注文制作でも重要に
なってきます。

モチーフとは「制作の動機」
のことですが

注文制作で観察すべきは
モチーフの外見、見た目の印象
だけではありません。

■注文主の“姿”を観察■

注文してくれた人がこれまでの人生で
大切にしてきたものは何なのか?

これをよーく観察して描きたいわけです。

具体的には注文者がこれまでの人生で
大事にしてきた

仕事、家族、価値観などなどを
つぶさに観察し

作品のビジュアルに
落とし込みたいわけですね。

これができなければ

具象絵画ならば写真やCGの劣化コピーに
なってしまいますし

抽象絵画なら、絵の具がゴテゴテ塗ってある布
にしかなりません。

■グッとくる見た目でカタチにする■

そしてこれは言うまでもありませんが
絵画は視覚芸術なわけなので

“グッとくる見た目”に
仕上げられるのか?

これが最も重要ですね。

コンセプトやストーリーが
いかに素晴らしくても

ビジュアルがショボいと
絵画じゃなくても良いもの
になってしまうわけです。

■あと保存上の注意もね■

あと最後にこれは補足なのですが
販売を前提にした絵画の場合

耐久性も重要です。
絵具の劣化、変色の心配がないように

材料の特性を理解し
材料をしっかりコントロールして
仕上げる

“職人技”が必要なわけですね。

■チャンスをつかむには?■

さてさて、今回
職業画家の心得のようなことを
いろいろ書いてきましたが

ぶっちゃけ、どれだけ素晴らしい
チャンスが来ても

作品を“カタチ”にする力がないと
チャンスをムダにし、注文者をガッカリ
させてしまいます。

あなたが確実に注文主の思いを
“カタチにする”ための

無料オンライン講座を公開中です。

※予告なく無料公開を終了する
場合がございます。

◆美大卒レベルの“ウマい絵”を描く方法
◆デッサン、アクリル、水彩、油絵のキソ技法
◆“売れるクオリティー”の絵の描き方

などなどを丸ごと解説した講座なので
是非登録してみてくださいね。

↓登録はこちら↓

追伸

あなたの絵が売れる
【全2回】無料オンライン講座を
お送りしております。

この記事が気に入ったら
是非登録してみてください。

↓コチラから無料で受け取れます↓

 

今回の記事が面白い!と思った方は
是非メルマガにも登録してみてください↓

↓画家向けのお得情報&描き方動画発信中!↓