【実話】画家仲間の見つけ方

最後まで読むとイイことがある
自信をもってそう言える久しぶりの長文を今回お送りします笑

■突然ですが質問です。

「あなたにとっての最高の画家仲間」

今あなたはどんな人をイメージしましたか?

あなたはその画家仲間と一緒に
どんな活動をしたいみたいですか?

今回は久々にガッツリ長文でメルマガを書こうと思います。
是非「“あなたにとっての最高の画家仲間”と一緒にどんな活動をしたいか?」
これをイメージしながら是非読んでみてください。

イメージできましたか?

それでは始めていきましょう!

■孤独な作家活動

絵が好きな仲間が欲しい
絵の話で盛り上がりたい‥

そんな思いを持っている「孤独な画家」
は多いようです。

自分が魂を込めて一生懸命絵を描いているのに
家族は全く絵の話に興味ない

これってすごく寂しいですよね。

孤独な作家活動は寂しいだけじゃあありません。

 

■良いコネがないのでチャンスも情報も来ない

あなたが望む作家活動を歩むうえで
非常に重要なステップが

「グループ展に参加する」ことなんですが

当たり前ですが、グループ展は一人ではできません

グループ展やってみたいけど画家仲間がいない

こういう状態では「良い絵の仕事のチャンス」も
それにつながる“良質な情報”も舞い込んでは来ません涙

 

■良い絵を部屋にこもって描いているだけじゃダメ

画家として活動するために今あなたがやっている
ことはどんなことですか?

画家さんに以前こんなアンケートをしたことがあるのですが

非常に多かったのが

「良い絵を描くためにひたすら家で絵を描いています」

こういった回答です。

もちろん、作家として「クオリティーの高い絵」を描くために
制作に没頭する

これもメチャクチャ重要なんですが

良い絵を部屋にこもって描いているだけじゃダメ
なんです。

歴史に残るレベルの名画を描けても
誰の目に留まることもなければ

タンスの肥やしを量産することになりますからね

 

■良い絵の仕事、チャンスは人が運んでくる

今のあなたの画家としてのステージをグイっと
上げてくれるチャンス

こういうチャンスは“人が運んでくる”ことがほとんどです。

画商さん、画家仲間、コレクターさんなどなど

様々な方にあなたの絵を見てもらい
あなたの活動を知ってもらい、あなたの夢を聞いてもらう

そうすることで、今のあなたが望む“理想の作家活動”を
現実にしてくれる人と巡り合えるものなんです。

逆に!

あなたが部屋にこもって絵を描き
誰にもその絵を見せないのであれば
“現状維持”なわけです。

もっとハッキリ言えば

今いる環境ではおそらくあなたは今のままでしょう。

■今の師匠ってホントに大丈夫?

ひょっとしたら今のあなたの周りには
様々なアドバイスをくれる先輩画家や先生が
いるかもしれません。

彼らはメチャクチャ優しくてイイ人だし
絵もウマいかもしれません。
賞もたくさんとっているかもしれません
メチャクチャ物知りですごそうなオーラ出してるかもしれません。

しかし一度冷静になって考えてみてください。

その先輩はその先生は

「あなたが望む作家活動」を日々送っているでしょうか?
あなたが出したい結果を出しているでしょうか?

もしそうではないなら
彼らのアドバイスは聞くべきアドバイスではありません。

彼らのアドバイスを聞いていたらあなたは将来
彼らのようになってしまうでしょう。

誰のアドバイスを聞くかは非常に大事なわけですね。

あなたは作家活動の相談相手
間違っていませんか?

 

■絵の話をできる相手がいないと

今回は「画家仲間の見つけ方」というテーマで
語ってきましたが

画家仲間がいないと一番困るのは

「情報が来ないこと」
これです。

どの会場で個展をやるとウマくいく~とか
SNSのDMで来るあのイベントは詐欺だ~とか

こういった「チャンス/詐欺」を見分けるための
前情報がない画家はあっさり騙されてしまいます。

■誰にも相談できない不安

絵の描き方、コンセプトや表現の見せ方、額の選び方
絵の売り方、個展の準備、オンラインでの発信方法

などなど「実力のある先輩作家に相談すれば一撃で解決するような悩み」
であっても

相談できる相手1人もいない画家は
ずーーっと思い悩むことになりますし

払わなくていいお金を払い
たくさんのエネルギーを無駄にし

作家として消耗させられる‥

シボりとられるダサい画家になってしまう
わけです。

※なぜここまでいうかと言えば過去の私が
まさにこの状態の画家だったからです汗

 

■しかし画家仲間を見つけるのは難しい

じゃあどうすればいいんだーーー
と思う方も多いでしょう。

そろそろ前向きな話を聞きたいですよね。
私も前向きな解決策の話をしたいです。

ただ‥

ぶっちゃけ

画壇、美大、絵画教室などなど
どこかのコミュニティに入っていないと
画家仲間を見つけるのは難しい

これが現実です。

ここまで「画家仲間」がいることの
重要性や、画家仲間がいないことで起きる
悲劇について語ってきましたが

ここまでの長文をしっかり読んだあなたは

“良い情報”がリアルタイムで流れてくる
場所にいることは非常に大切だ

ということがよーーーくわかったと思います。

結果が出ている人が一人もいない場所で
流れてきた情報はタダのゴシップや「個人的な感想」
でしかないですし

この人みたいになりたい!とあなたが思える人の
アドバイスのみを聞くべきなわけです。

今のあなたの周りにそういう画家いますでしょうか?

たぶんいないと思います。

“良い情報”をリアルタイムで提供してくれる
画家のいる環境

これを「普通に生きている人」が見つけるのは
ヒジョーーーに難しいわけです。

■実力以上に評価されてる画家の正体

ここで皆さんに質問です!
時々、なんでこのレベルの画家が活躍してるんだ?
って思う画家いますよね笑

画力もフツーだし、大して賢いわけでもない
フツーの画家がメチャクチャ活躍している
そんな人が時々います。

こういう画家のヒミツを今回は暴いていきます。

イメージしてみてください。
全く同じ能力の画家AさんとBさんがいます。

画力も知能も経験値も全く同じ。
そんな“個人”としての能力が全く同じ2人ですが

Aさんは「リアルタイムで“良い情報”が流れてくる場所」
にいる画家

Bさんは「画家仲間0のどこにでもいるような主婦」

だったとしたら

言うまでもなく“良い居場所”にいる画家Aさんが圧勝します。

実力以上に評価されてる画家の正体はこれなんです。

■地方在住の眠れる才能

励まし合える、一緒に頑張れる、議論しあえる
良い仕事を紹介しあえる

そんな画家仲間がいる画家は
メチャクチャ強いわけです。

ただ、そういう「居場所」を持っていない画家さんは
少なくありません。

特に地方在住の方は苦労します。
地元にそういった美術のコミュニティがない人も多いんです。

※時々良い画家コミュニティに入った瞬間に開花する
“地方在住の才能”がいるので、居場所ってホント大事だなって思うんです。

 

■画家飲み会でのホッコリエピソード

「一緒にグループ展やろうよ!」
「個展うまくいったんですね!すごい!」
「今こんな絵を描いてるんですよ~」

ついこの間開催されたNAC新年会@大阪
ではあっちこちからこんな

心温まる会話が聞こえてきました。

※NACは黒沼主催の画家のオンラインコミュニティです。

NACでは「画家のためになる企画」を常に
同時にいくつも並行してやっているのですが
(後で詳しくお話します。)

そのアートイベントのほとんどが
首都圏で開催なんです。

※現在NACでは、東京都で2件、静岡県で1件のアートイベント企画が
走っています。

なので!関西の方には寂しい思いをさせてしまっている
ようなんですね(ホントごめんなさい)

そんな中でやる気ある関西在住のNACメンバーが

「関西のNACメンバーでグループ展をやりたい!」
と声を上げてくれたんです。

そんなわけで私は彼のために
NAC全体へのメールアナウンスで以下のメールを
送りました。

 

NACの皆さんこんにちは!講師の黒沼です!
今回は関西にお住いの方にアナウンスがございます。

つい先日開催された大阪でのNAC飲み会で

「関西で一緒にグループ展をやる仲間を見つけたい!」
という声が上がったので

NACメンバー同士のグループ展に参加したい方は
下記の連絡先に参加希望の旨をお知らせください。

NACメンバーISさん連絡先

○○○○○○.ne.jp

実は過去にも関東在住のNACメンバー同士が
メンバー同士で勝手に仲良くなって勝手にグループ展を開催する

みたいなステキなことがあったのですが

こんな感じでNACでは主催運営側だけではなく
メンバー主催で「祭」を生み出す

そんなアツイ画家コミュニティになっているんです。

※NACは500名近く画家が在籍しているので
ほぼ間違いなくあなたの都道府県にもNACメンバーがいます笑

 

■NACの直近のアートイベント(メンバー参加無料)

当然!アツイのはNACメンバーだけではありません
私、黒沼はじめNAC運営陣も「画家が輝ける場所」を
作るためにイロイロやってます笑

※前回の様子です↑

都内高級ホテルでのグループ展

来る2024年6月!昨年に引き続き
お台場のホテルグランドニッコー台場にて

NACメンバー限定の企画展(参加無料の展示)
が開催予定です。

※出展者の募集は3月末or4月末のNAC内zoomで行います

このホテルグランドニッコー台場での企画展は
2024年内に3回開催予定です。

メチャクチャ大規模な会場なので
NACメンバーの出展希望者全員の絵を
飾ることができるのでNACメンバーはご安心ください。


ちなみにこちらは前回の展示の様子なのですが

海外のお客様が絵を買ってくださったり
1人で4枚買ったお客様がいたり
ホテル内のレストランでNACオフ会をやったり
メンバー主催のワークショップがあったり
出展作品の中からグランプリ作品を決めて行う授賞式があったり

などなどなどなど

メチャクチャ盛り上がりました。
今年もまたお台場で祭ができると思うと
私も今から6月がメチャクチャ楽しみです。

こちらは某住宅メーカーとのコラボ案件なのですが
このようにオシャレなモデルハウスにNACメンバーの絵を展示して
たくさんの方に見てもらえた楽しいアートイベントだったわけですが

なんと!

この案件ではコラボ企業が太っ腹だったもので

この展示に出した絵を全て!買い上げて頂いたのです。

お金を払って自分の絵を展示するのが当たり前な
日本のアート業界において

NACはまさに「画家にとってオトク」な“経済特区”
なわけですね笑

※今後は黒沼の絵も買い上げてもらう予定です笑

それだけではありません!

NACでは自治体や省庁とコラボして
アートで町おこしをやる企画もやっています。

こちらは2022年にNACが手がけた千葉県の鋸山の
町おこし企画の様子なのですが

〇大規模グループ展:市内の巨大商業施設での絵画展
〇美術館展示:市内の美術館でNAC選抜メンバーの絵を無料展示
〇屋外アートギャラリー展示:観光庁から予算が出てアート作品で観光スポットを作る企画
〇まちじゅう美術館企画:市内の店舗とコラボして絵の買い上げ&展示

などなど“アートの力”で社会貢献活動もやってるわけです。
※「予算」がついているので、もちろん画家に「手当て」をお支払いしています

ちなみに2024年は伊豆高原でこの町おこし企画をやるので
興味のある方は是非NACを覗いてみてください。

 

■画家にとって、オトクで楽しいイケてる場所

さてさてだいぶ脱線してしまいましたが
今回のテーマは「画家仲間の見つけ方」でした。

結論としては

ぶっちゃけ「画家仲間」を見つけるための最高の居場所は
NACの他にはないのでNACで一緒に頑張ろうって話です。

今回の長ーーーーーい話を着て
ちょっとでもNACに興味を持ってくれた方は

紹介ムービーを見てみて下さい。

【NAC紹介ムービー2024】

NAC紹介ムービー2024

最後までお読みいただきありがとうございます。
それではまた次回までさようなら~

 

 

 

追伸

あなたの絵が売れる
【全2回】無料オンライン講座を
お送りしております。

この記事が気に入ったら
是非登録してみてください。

↓コチラから無料で受け取れます↓

 

今回の記事が面白い!と思った方は
是非メルマガにも登録してみてください↓

↓画家向けのお得情報&描き方動画発信中!↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です