描けるはずない物が描けた生徒さん

「今すぐモナリザを描け!」

そう言われてモナリザを本物ソックリ
に描くのはほぼ不可能だと思います。

なぜ不可能か…

今回はこのギモンについて深く掘り下げて
語っていこうと思います。

あなたが思い通りの絵を描けない理由が
わかるので是非最後まで読んでくださいね。

■【注意】■
※今回もメールの最後に「オトクなご案内」
があるので是非最後まで読んでくださいね。

 

■どうやって描いたのかわからない絵

初めて「モナリザ」を見た時の記憶を
皆さんは思い出せるでしょうか?

写真ソックリな感じではないけど

不思議な“リアルさ”と
圧倒的な存在感を持った絵

そんな感想を持った方が多いと思います。

そして…

凄すぎて、神秘的すぎて

どうやって描いたのか
全くわからない絵

そんな感想を持った方も
多いと思います。

 

優れた手わざ(技術)は手わざ(技術)を覆い隠す

こんな感じの格言を昔聞いた気がします。
※誰の言葉かは忘れました笑

まあ言ってしまえば

優れた手作業は
「手作業の痕跡」を残さない

というわけで

本当にスゴイ絵=
どうやって描いたのかわからない絵

なわけです。

 

■思い通りの絵を描けないわけ

キャンバスに最初の1本の線を引く前

あなたが脳内で思い描いた
「理想の完成イメージ」は

ヒジョーに美しく迫力のある
「自分史上最高の名画」
だと思います。

しかし!

制作が進むにつれ
絵具を塗り重ねるにつれ

「理想の完成イメージ」
とは程遠い

ショボいモノが目の前に現れ
やる気もだんだんなくなってきて

またイメージ通り描けなかった…

と投げ捨てられるように
“一応の完成”を見る

そんな画家さんも多いと思います。

 

なぜそんなことになるのか?

それはあなたの脳内にある
「理想の完成イメージ」が

どうやって描けば良いのか
わからない絵

になっているからなのです。

モナリザを摸写するのが
難しいのと同じように

「制作プロセス」をイメージできない

これが失敗する原因なのです。

 

■描けるはずない物が描けた生徒さん

「こんな難しいモチーフ描けるわけがない。」

そう思っていたのに、【黒沼さんの用意した
資料】を見ながら指導通りに描き進めたら

本当に自分にも描けてしまいました。

↑これは私が運営する絵画教室の生徒さん
から頂いたコメントです。

※実はこういうコメントはしょっちゅう生徒さん
からいただきます。

【黒沼さんの用意した資料】

これは

「ウマい絵」の“最適な制作プロセス”を
pdf化した↓のようなものです。

※↑は油絵の生みの親ファン・エイクの
制作プロセスをpdf化したものです。

 

■「やり方」さえ知っていれば単純作業

〇どうやって描いたかわからない名画
〇どうやって描けば良いのかわからない
理想の完成イメージ

両方とも“最適な制作プロセス”さえ
知ってしまえば、全く難しいことはありません。

「やり方」さえ知っていれば単純作業
の積み重ねでしかないのです。

ぶっちゃけ

このクールでドライな視点を持てる画家が
「ウマい絵が描ける画家」なのです。

 

■ウマい人の制作プロセスを盗むのが重要

さてさて

今回のまとめとしては

「ウマい人の“最適な”制作プロセスを盗む」

これさえできれば

○名画をソックリに模写
〇目の前のモチーフをリアルに描く
〇自分の思い描いた理想の絵を描く

これら全てができるようになるわけです。

 

実は!現在、誰でも

「ウマい人の“最適な”制作プロセスを盗める」
ようになる

最短最速で絵が上手くなるオンライン絵画教室を
無料で公開しております。

是非登録してみてくださいね。

↓登録はこちら↓

 

追伸

あなたの絵が売れる
【全2回】無料オンライン講座を
お送りしております。

この記事が気に入ったら
是非登録してみてください。

↓コチラから無料で受け取れます↓

 

今回の記事が面白い!と思った方は
是非メルマガにも登録してみてください↓

↓画家向けのお得情報&描き方動画発信中!↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です