あなたの絵も売れてほしい

今回は「画家なら絵を売ろう!」
というテーマで語っていきます。

もちろん、絵を描く目的は

人それぞれ
いろいろあると思います。

〇自分の奥底にあるものを探究するため
〇社会や政治を風刺するため
〇誰も見たことないスゴいものを作るため
〇美術史上の文脈に則った表現をする

などなど、「高尚な」制作動機も
あって良いでしょう。

しかし、私が今回問いたいのは

こういった制作動機で絵を描き、
社会的に「意味のある」活動をできている画家
がどれほどいるのでしょうか?

ということです。

アーティストは「高尚な」
活動をすべきだから

売れなくても良い
集客出来なくても良い

それがアーティストだから…

こういう言い分もわからないではないです。

しかし、実際のところ、

せっかく描いた絵を、ほとんど
誰にも見られることなく、
もちろん所有されるようなこともなく

タンスの肥やしになっている

そんな「作家活動」は本当に
意味のある活動なんでしょうか?

作家本人が脳内でどれほど
洗練された「制作テーマ」を持っていても

それが世に出なければ
存在しないも同然です。

そういう活動を“趣味”と呼ぶわけです。
まずは人に絵を見てもらう努力をしましょう。

人に絵を積極的に
見せているけど、売れない…

こういう「惜しい画家さん」には、
しっかりと「絵が売れる準備方法」を学んで

「絵が売れる経験」
をしてほしいです。

絵を描くのは楽しいけど…
それが誰かの元に届くことはなく
描き貯めた絵で部屋が狭くなっていく

こんな活動に意味を感じ続ける
ことはできるのでしょうか?

賞をとれても…
個展で絵を褒められても
SNSでいいねがついても

それが誰かの元に届くことはなく
描き貯めた絵で部屋が狭くなっていく

こんな活動に意味を感じ続ける
ことはできるのでしょうか?

「売るための最適な準備方法」を
知らないがために

個展は赤字前提で
常にお金も時間もない

そんな苦しい状態の画家さんは
残念ながらまだまだ多いです。

 

このメッセージを
読んでいるあなたに今回

一番お伝えしたいのは

「自分の絵が売れるのは
最高の体験だ!」

ということです。

自分が0から生み出した作品に
喜んでお金を払ってくれる
お客様と出会い

大切なコレクション
として飾ってもらえる

これは本当に
最高に嬉しい体験です。

私は一人でも多くの画家さんに
この喜びを味わってほしい
と思っています。

なので、是非一度は本気で
「絵を売るための準備」を学んで
実践してほしいと思います。

最後まで読んで頂き
ありがとうございます。

追伸

あなたの絵が売れる
【全2回】無料オンライン講座を
お送りしております。

この記事が気に入ったら
是非登録してみてください。

↓コチラから無料で受け取れます↓

 

今回の記事が面白い!と思った方は
是非メルマガにも登録してみてください↓

↓画家向けのお得情報&描き方動画発信中!↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です