5日で30万の絵が〇枚も売れる展覧会

フェルメール展よりも今の自分は
絶対コレを見なくちゃいけない!

そう思った展覧会の話を今日はします。

展覧会をプロデュースする立場にもなった
今の私は「絵が売れる展覧会の作り方」

これにメチャクチャ興味があります。

今日は、あなたが自分の絵を売るために
そして、ワンランク上の会場で展示できる
ようになるために

絶対見るべき展覧会

これの話をします。

 

■本日最終日の展示は見ましょう。

つい先日私の目をクギ付けにし
展示会場に向かわせたのは

「本日最終日!」という赤い大きなシールが
貼られた展覧会の看板でした。

それは

駅ビルの最上階の催事場で
開催されていた

有名作家の版画、複製画の展覧会でした。

普通なら、こういう「複製」の絵の展覧会
はスルーするのですが

「本日最終日」との表記を見て
見に行くことにしました。

本日最終日!
この表記を見たら絶対に見に行くべきです。

なぜなら…

最終日の展覧会会場では

その展覧会で

何円くらいの
どんな絵が
何枚くらい売れたのか?

トータルの売上がいくらくらいなのか?

これが全てわかるからです。

※売れた絵のキャプションには「売約済み」
という赤いシールが貼ってあるのでそれを数えれば
わかります笑

 

■なかなか強気の在庫ピラミッド

早速会場に入ると、8号以上の作品
ばっかりがところ狭しと並べられており

版画や、複製画とはいえ有名作家のもの
なので、どの絵も20万円を超えるような
ラインナップでした。

これは私の「在庫ピラミッド」理論から言うと
かなり「強気」なラインナップです。

※在庫ピラミッド:小さく安い作品ほど多く、大きく高く
作品ほど少なめに用意して初見のお客様にも買いやすくする
戦略

 

■なのにめっちゃ売れてる

それなのに!

結構な数の「売約済シール」が見受けられ
メチャクチャうまくいっているようでした。

この展覧会は5日間の開催だったのに
10枚近く数十万円の絵が売れていました。

※この会場は親切に、既に売れた絵のキャプション
も会場の端っこの壁に貼ってあったので
売上のトータルも計算できました笑

これは駅ビルの催事場でやる展覧会としては
素晴らしい結果です。

ココの画商は狙って売上を作れる
優秀な人だなぁと直感的に思いました笑

 

■スタッフのおじさんに話を聞きました。

興奮冷め上がらず私は
会場から他のお客様がいなくなったタイミングで

ここぞとばかりに会場スタッフの
ベテラン画商らしきおじさんに話を聞いてみました。

すると画商のおじさんは

突然初対面の相手に
突っ込んだ質問をした
若造相手に

親切にいろいろ
教えてくれました笑

 

■35年の歴史の積み上げ

画商のおじさんはいろいろ教えてくれましたが

重要なのは以下の2つのポイントです。

〇毎年同じ会場でやっている
〇35年ほぼ毎年連続でやっている

まぁうまくいくはずですね。

毎年恒例の行事を同じ会場で
(しかも駅ビルで)

35年もやっているのですから

「かなり上質なお得意様リスト」が
積み上がっているわけです。

 

■お得意様リスト戦略が最強。

私はこれまでに700名以上の
絵を売りたい画家さんにオンラインで
指導してきました。

そんな中でぶっちぎりの成果を
上げてくれる方も結構な数出てきたのですが

私の教えを実践してすぐに結果を出す
(数万円の絵が結構な数売れる)
画家さんの共通点は

〇定期的に同じ会場で展示をやっている
〇継続的に展示をやっている

この2つです。

まあ簡単に言えば

お得意様リストが積み上がっている
そんな画家さんです。

お得意様リスト戦略と
オンラインでのセールス

これを組み合わせると

まぁスゴイことが
起こります。

現在!オンライン上にお得意様リスト
を作り上げて、数万円の絵を部屋にいながら
バンバン売った方法(実際売れました。)

これを丸ごと解説した無料のオンライン講座
をプレゼント中です。

是非登録して見てみてくださいね。

↓登録はこちら↓

追伸

あなたの絵が売れる
【全2回】無料オンライン講座を
お送りしております。

この記事が気に入ったら
是非登録してみてください。

↓コチラから無料で受け取れます↓

 

今回の記事が面白い!と思った方は
是非メルマガにも登録してみてください↓

↓画家向けのお得情報&描き方動画発信中!↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です