個展で赤字を出さない方法

個展を開けば開くほど赤字が増える

毎年個展をやるたびに
貯金が減っていき

今年で作家活動は終わりにしよう…

そんな寂しい言葉を
才能ある画家さんから聞くと

私は悲しくなってしまいます。

今回は個展=赤字の状態を
脱して、個展で利益を出す方法を
解説していきます。

 

◇◆◇注目!◇◆◇

今回、メールの最後に

「最安値で○○をGETする方法」の
“おトクなご案内”があるので
是非最後まで読んでくださいね。

 

■赤字にせずに絵を売る方法

赤字にせずに絵を売る方法が
知りたいです!

こんな質問を画家さんから
頂くことは多いんですが

これの答えは

飾りやすい絵を大小織り交ぜて用意し
絵を買う顧客を豊富に抱える会場で展示する

これです。

これができれば絵は売れて
赤字にはならないでしょう。

 

■個展=ボーナス日

絵を買う顧客は基本的に
展示会場で過去に絵を買った顧客

いわば展示会場が抱える顧客が
ほとんどです。

また、画家(あなた)の抱える顧客か
知り合いが絵を買うこともあるでしょう。

絵を買う顧客=会場またはあなたの抱える顧客

なわけです。

基本的に通りすがりの1度も絵を買ったことのない
人が絵を買うことはほとんどありません。

※過去に2度だけありました。

なのでまあ言ってしまえば

展示会場が抱える顧客をより多く
会場に呼べれば

絵はバンバン売れて

個展=ボーナス日
みたいな状態で作家活動ができるわけですね。

実際、コツをつかんだ私の生徒さんの中には

「個展を開けばまとまった収入になるから
バイトはしなくて良いか~」

みたいなヒジョーに頼もしい状態で
作家活動をやっています。

 

■大きい絵ほど少なく小さい絵ほど多く

「自分にとっての売れる絵」のスタイルが
見えてきたら

これを

大きい絵ほど少なく小さい絵ほど多く

準備して個展に臨みましょう。

私の生徒さんで個展で結果を出している生徒さん
はすべからくこの鉄則を守って個展を開いています。

もちろん私も
今でもこの黄金ルールを大切にして

年に数回の「重要な展示」に臨んでいます。

 

■構図、額装、色彩

作家性の強い画家さんが
よくやりがちなミスが

同じような構図
同じような色彩
同じようなサイズ
同じような額装

の絵ばっかりを個展会場に並べ

ヒジョーに退屈な展示会場が出来上がり

その結果、絵の前をお客様が
速足でスルー

もちろん絵も売れず…

みたいなのは“よくある失敗”
です。

逆に

構図、額装、色彩にバリエーションを持たせて
飾る絵を用意すると

バリエーション豊富で見ていて飽きない
豊かな展示空間が出来上がります。

イメージとしては「自分にとっての売れる絵」
の型を3種類くらい用意するイメージですね。

 

■「最安値で○○をGETする方法」

ここまで読んでくれたやる気満々なあなたに
特別なプレゼントをさせて頂きます。

「最安値で○○をGETする方法」
○○に入るのは一体なんなのか!?

それは「あなたの絵を売るチャンス」
これです。

これまで私は生徒さんの中から
「すぐにでも絵が売れそうな画家」
をピックアップして

「良い条件の場所」に紹介する
ということをやってきました。

 

まあ言ってしまえば、画家の黒沼に
“縁のある画家”の絵が売れる

そんな状態を作っていきたいわけです。

 

そこで!今のうちに
絵が売れる「準備」を多くの画家に
整えておいて欲しいのです。

そこで↓の無料講座を
ご用意させていただきました。

◆↓無料講座の登録はこちら↓◆

ここだけの話ですが
↑の講座から参加するのが最も
お金をかけずに私の生徒になる方法なのです。

 

■無料の講義動画をプレゼント中■

【展覧会であなたの絵を
1枚でも多く絵を売る方法】

これを徹底解説した
無料のオンライン講座を

期間限定で無料プレゼント中です!

※予告なく無料公開を終了する
場合がございます。

■展覧会で用意する絵の枚数

■絵の値段の付け方

■良い会場の見つけ方

■映える額縁の見つけ方

などなどを丸ごと解説した
無料オンライン講座なので
是非登録してみてくださいね。

↓登録はこちら↓

 

追伸

あなたの絵が売れる
【全2回】無料オンライン講座を
お送りしております。

この記事が気に入ったら
是非登録してみてください。

↓コチラから無料で受け取れます↓

 

今回の記事が面白い!と思った方は
是非メルマガにも登録してみてください↓

↓画家向けのお得情報&描き方動画発信中!↓