【個展】神様のようなお客様

「↑この絵みたいな
雰囲気でウチの犬を描いて欲しいんだけど
そういったことには対応してますか?」

そんな第一声で会話が始まった
神様のようなお客様に出会った時のお話をします。

◆過去最悪の展示になるかも

とある5月の連休中、私は百貨店で
展覧会をやっており毎日会場にいました。

その会場は京都の会場で
連休中ということもあり

町は世界中から押し寄せた観光客で
街じゅうが夏祭りの縁日かと思うレベルで
人がごった返していました。

ところが!

この街の賑わいっぷりとは対照的に
私の展示会場はほとんどお客様が来ず

不気味なくらい静かで
不安いっぱいな時間を私は過ごしていました。

◆なぜ誰も来ないのか?

水曜日からスタートした展覧会は
木曜日も金曜日も人が来ず
ソワソワしていましたが

金曜日の段階ではまだ

「まぁ土日で盛り返すから大丈夫」

と自分に言い聞かせて
平静を保っていたのですが

なんと!土曜日も日曜日も
様子は全く変わらず

日曜日の段階で私は1枚しか絵が
売れていませんでした。

こんなに苦戦した展示会は過去にない・・

なぜこんなにも「人が来ないのか?」

そんなとき私は

「平日の空いている店や街で
買い物をする優雅な感覚」

を思い出しました。

自由業の私は買い物に行くなら
街が混み合っている休日ではなく
待ち時間0でゆったり買い物できる
平日を選ぶわけですが

絵を買うような「余裕のあるお客様」も
街じゅうがごった返している時期に
わざわざ買い物になど出かけないだろう・・

という非常に納得のいく
「誰も会場に来ない理由」を
見つけ出してしまいました。

◆神様のようなお客様

あああ今回の展覧会は
もうダメかも‥

そんな気分で迎えた
月曜日

奇跡が起きました。

「↑この絵みたいな
雰囲気でウチの犬を描いて欲しいんだけど
そういったことには対応してますか?」

そんな第一声で会話が始まった
お客様は外商のお得意様で

まだ若いのに非常に
優雅な雰囲気を漂わせる
物腰柔らかな男性でした。

愛犬家の彼はドッグランで
犬を遊ばせた帰りに

たまたまフラッと
ギャラリーを覗きに来てくれたそうで

私にペット肖像画を注文し
そのうえ2枚も他の絵を
(しかも大きめの絵を)
買ってくださいました。

◆八百万の神々の到来

この日は他にも何名か

1人で何枚も絵を買う
「神様のようなお客様」が来迎され

そのおかげで失意の底にいた私は
いろいろな意味で救済されたのでした。

◆おかげさまで個展が決まりました。

今回、私はこの会場で展示をやるのは
4回目ということもあり
これまでの実績を携えて

会場スタッフに「個展」を提案する予定でした。
(これまでは二人展でした)

しかし、展示の前半の不調っぷりから
「個展のチャンス掴めないかも・・」

という焦りと不安と不甲斐なさに襲われていたのですが
神々のお力添えのおかげで無事

2025年の6月に個展の開催を
決めることができました。

個展は画家1名で会場を埋め尽くす展覧会なので
今から絵を描き貯めています!

会期が近づきましたらまたお知らせ
させていただきます。

◆画家として活動してみたいあなたへ

ここまでお読み頂きありがとうございます。

もし今回の文章を読んで
「自分も絵を売ってみたい!」
「画家として活動してみたい!」

そう思った方は是非↓のページを
覗いてみてください。

sellart

きっとあなたの画家としての
夢を叶えるための強力な武器を
授かることができます。

最後まで読んで頂きありがとうございました。
それではまた~

 

追伸

あなたの絵が売れる
【全2回】無料オンライン講座を
お送りしております。

この記事が気に入ったら
是非登録してみてください。

↓コチラから無料で受け取れます↓

 

今回の記事が面白い!と思った方は
是非メルマガにも登録してみてください↓

↓画家向けのお得情報&描き方動画発信中!↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です